病院の紹介

病院沿革

昭和13年 3月6日 上越医療購買利用組合連合会上越病院の糸魚川分院として開院
所在地:糸魚川市寺町4丁目3-1
木造2階建て,病床数23床で全職員数は15人(内看護婦5人)
総費用33,055円 建築費23,367円
備品1,373円、医療機器7,415円、薬品費231円
昭和14年 9月 第二病棟の増築 (病床数:35床)
昭和16年 3月 上越病院糸魚川分院から糸魚川病院へ改称
9月 第三病棟が完成,病床数55床
昭和18年 4月 新潟県農業会に組織変更
11月 看護婦寄宿舎が竣工
12月 看護婦養成所の指定(昭和19年開設)
昭和22年 8月 第四病棟増築(病床数75床)
昭和23年 9月 新潟県生産農業協同組合連合会に組織変更
昭和26年 5月 内部改築(病床数95床)
8月 厚生連 公的医療機関に指定
昭和27年 8月 現在の新潟県厚生農業協同組合連合会に経営移管
厚生連病院として再スタート
診療科:内科、小児科、外科、産婦人科、耳鼻咽喉科の5科
総員50人(医師数5人、看護婦19人、薬剤師1人など)病床数:85床
昭和28年 2月 調理場完成 150人分給食可能
4月 准看護婦養成所開設
5月 完全給食許可
10月 一部改築118床(一般44床、結核74床)
昭和29年 7月 整形外科開設
昭和31年 3月 結核病棟増設(西頚城結核予防組合委託事業)
鉄筋コンクリート造2階建667m2
准看護婦養成所廃止
昭和37年 12月 手術棟完成
昭和38年 7月 伝染病隔離病棟30床(衛生管理組組合建設)
鉄筋コンクリート造2階建642m2
(病床数175床:一般95床・結核50床・伝染30床)
昭和40年 4月 准看護婦養成所再開設
昭和43年 3月 旧病棟改築194床(一般120床・結核44床・伝染30床)
昭和44年 3月 准看護婦養成所閉鎖
眼科開設
昭和48年 7月 本館・診療棟改築
昭和49年 3月 結核病棟 無償譲渡される
11月 歯科外来開設
伝染病棟 無償譲渡される
昭和52年 1月 病棟改修工事 160床(一般121床・結核9床・伝染30床)手術棟、検査棟整備
昭和53年 2月 結核病棟:一般病棟変更承認 160床(一般130床・伝染30床)
昭和54年 8月 泌尿器科開設
11月 皮膚科開設
昭和57年 5月 人工透析室増築 人工透析治療開始
昭和60年 10月 結核病棟、伝染病棟を閉鎖(一般病棟に改造:一般165床)
昭和61年 4月 夜間透析開始
昭和62年 7月 耳鼻咽喉科再開設
12月 全身用CT整備
昭和63年 10月 10診療科,病床数165床,常勤医17人(総職員数211人)
平成元年 4月 現在地竹ヶ花に移転用地確保
5月 機関紙「まいほすぴたる」発刊
平成2年 7月 新病院起工式
平成3年 11月 現在地:糸魚川市竹ヶ花に新病院竣工
12月1日 病院移転新築・総合病院認可
糸魚川総合病院(一般220床12診療科)
敷地面積:22,446.47m2・建物面積:6,915.55m2 延床面積17,283.11m2
人工透析31床
脳神経外科開設
MRI装置整備
平成5年 4月 併設介護老人保健施設「なでしこ」80床開設
平成8年 7月 成人病検診車配置
11月 災害拠点病院指定(地域災害医療センター)
平成9年 4月 在宅介護支援センター開設(糸魚川市委託事業)
8月 訪問看護ステーション「いといがわ」開設
平成11年 4月 完全型療養型病床群(第五病棟)49床増床(医療:19 介護:30)(総病床数269床)
健診センター「すこやか」独立部門として整備
5月 精神科開設
10月 居宅介護支援事業所開設
平成12年 4月 介護保険法施行に伴う介護保険事業者指定・地域ケア課開設
9月 院外処方箋全科導入
平成13年 7月 糸魚川総合病院ホームページ開設
8月31日 病院長 鈴木好文 退職
9月1日 病院長代行に新井英樹副院長就任
11月 災害時備蓄庫竣工
平成14年 1月 患者送迎バス運行開始
2月 オーダリングシステム開始
9月 図書コーナー開設
12月 訪問看護ステーション なでしこ玄関前へ移築(12/1認可)
平成15年 1月 健診センター「すこやか」放射線室竣工
2月1日 病院長 樋口清博 就任
2月1日 へき地中核病院 認可
4月1日 ナースキャップ廃止(新潟県厚生連一斉廃止)
5月1日 療養型病床群 病棟区分変更 医療30床 介護19床
看護基準変更 2:1看護
10月1日 病歴管理室稼動(診療録管理加算算定H15.11.1〜)
病診連携室設置
平成16年 3月1日 院内全面禁煙開始
副院長 新井英樹 けいなん総合病院病院長として転勤
3月31日 基幹型臨床研修病院指定
3月31日 協力型臨床研修病院指定(富山大学 旧:富山医科薬科大学)
5月1日 副病院 新保義勝 就任
10月1日 糸魚川総合病院「理念」「基本方針」「患者さまの権利」を刷新
糸魚川総合病院理念
1.私たちの病院は、医療・保健・福祉をとおして地域社会へ貢献します。
2.私たちは、病院での仕事をとおして自己を高めます。
「病診連携室」→「地域医療連携室」へ改称
10月14日 糸魚川市西頚城医師会と地域医療連携協定を締結
11月30日 禁煙・分煙宣言施設登録(糸振健第347号の21 施設内禁煙)
平成17年 3月1日 介護老人保健施設なでしこ施設長 樋口昭子 就任
3月1日 麻酔科標榜 (ペインクリニック)開設
9月1日 療養型病棟 病棟区分変更 医療49床 介護(廃止)看護基準変更 2:1看護
9月14日 協力型臨床研修病院指定(新潟大学)
10月1日 開放型病床開設
栄養管理・NST実施施設認定(認定番号 第05-017)認定機関:日本病態栄養学会
12月6日 上越歯科医師会と「歯科治療総合医療管理料」施設基準届に関する承諾書締結
上越歯科医師会と連携保険医療機関となる
平成18年 1月1日 亜急性期病床(4床)開設
マンモグラフィ検診施設画像認定(施設認定証発行番号 第639号)
2月20日 日本医療機能評価機構認定病院 
審査体制区分3(Ver.4.0) 認定第JC858号
認定期間 2006年2月20日〜2011年2月19日
6月1日 5病棟(49床)一般病棟(特殊疾患療養病棟入院料2)へ転換
【5病棟(49床)療養病棟辞退】
平成19年 3月 産婦人科病棟・産婦人科外来改修工事
平成20年 4月1日 谷 昌尚、高桑 一彦、山岸文範 副院長就任
4月 循環器棟増改築
6月1日 5病棟(49床)一般病棟(障害者施設等入院基本料)へ転換
【特殊疾患療養病棟入院料2辞退】
平成22年 1月 糸魚川総合病院 地域包括支援センター開設
10月31日 副院長 谷 昌尚 退職
平成23年 4月1日 月城孝志副院長就任
12月19日 救急外来棟 増築工事開始
平成24年 10月31日 救急外来棟 竣工
平成26年 3月1日 短期入院協力病院指定(国土交通省)
平成27年 2月28日 介護老人保健施設なでしこ施設長 樋口昭子 退任
副院長 高桑一彦 退任
平成27年 3月1日 介護老人保健施設なでしこ施設長 高桑一彦 就任

※記録に残っている範囲で記載になりますのでご了承ください。