患者様向け情報

消化器内科

診療科紹介

 上部および下部消化管内視鏡検査はほぼ毎日のように行われ、潰瘍などからの出血に対する内視鏡的止血術や、悪性疾患であっても早期に発見できた病変は内視鏡的粘膜切除術(EMR)内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)といった内視鏡を用いた完全切除術を行っています。
 同様に肝臓、膵臓、胆道の疾患に対しても内視鏡、エコー、血管造影の手法を駆使し、例として総胆管結石に対する内視鏡的採石術、閉塞性黄疸に対するステント挿入術、癌に対するインターベンション治療(IVR)を行っております。
 手術が必要な疾患の場合には当院外科医と密接に連絡を取りながら、この地域の消化器病の方の力となるべく、皆で地域完結型医療を目指しております。