患者様向け情報

外科

診療の概要

 外科スタッフは常勤4名で患者さんの治療にあたっています。
 日進月歩の医療の中で、最新の医療技術、知識を取り入れ、富山大学消化器・腫瘍・総合外科の医局スタッフとも連携し、この地域の患者さんに高水準の外科医療を提供することを目標としています。高齢者の多い地域であり、手術を受けられる患者さんの平均年齢も年々高齢化してきました。高齢になればなるほど、循環器疾患や呼吸器疾患など別の病気で治療中の患者さんも多く、安全な治療を行うには手術前後の管理が極めて重要となってきます。術前外来にてしっかりとお話しをお聞きし全身の検索を行い、術前検討会でこれらを確認することで、個人の状態に応じた安全かつ有効な治療を行っています。
 また、手術が必要な病態において、病院との関わりは手術時のある一定期間だけでは不十分で、定期的な通院治療や長期間の経過観察が必要となる場合がほとんどです。急な変化が起こりうるがんなどの悪性疾患では殊更です。そのため身近な地域の病院として、患者さんから信頼していただけるよう、外科医師、病棟・外来看護師のスタッフが、日々学びの姿勢で一丸となって診療にあたっています。
 一人暮らしの高齢者が病気になった時、離れて生活するご家族が考えるのは、「地元がいいけど糸魚川総合病院に任せて大丈夫だろうか?」という点です。私どもが実際に行なっている手術数とその種類、低い手術死亡率などの情報をとおして安心して選択していただければ思います。
 外科では、下記に示す消化管疾患、肝胆膵疾患、乳腺・甲状腺疾患、腹部ヘルニア疾患に対して治療を行っています。また下記疾患以外にも市内で唯一の総合病院であり、一次救急病院として腹部救急疾患にも対応しています。

対象疾患

消化管疾患: 食道がん、食道裂孔ヘルニア、胃がん、胃十二指腸潰瘍穿孔、結腸がん、直腸がん、虫垂炎、下部消化管穿孔、消化管間質性腫瘍、痔核、痔瘻
肝胆膵疾患: 胆石症、胆嚢炎、肝がん、胆管がん、胆嚢がん、乳頭部がん、膵がん、膵内分泌腫瘍、膵嚢胞性疾患、脾腫瘍
乳腺・甲状腺疾患: 乳がん、乳腺良性腫瘍、甲状腺がん、甲状腺良性腫瘍
腹部ヘルニア疾患: 鼠径ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、大腿ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア、横隔膜ヘルニア

スタッフ紹介

山岸文範(やまぎしふみのり)
職名: 副院長、外科部長
略歴:

富山医科薬科大学医学部医学科卒業
富山医科薬科大学大学院医学系研究科修了(医学博士)

富山大学附属病院第2外科准教授
資格: 富山大学医学部医学科診療教授
日本外科学会 外科専門医、指導医
日本消化器外科学会 専門医、指導医
日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医療機構 暫定教育医
一言:

患者さんの表情や仕草で気持ちを知ろうと務めています。安心していいいですよ。

田澤賢一(たざわけんいち)
職名: 外科部長
略歴:

富山医科薬科大学医学部医学科卒業
富山医科薬科大学大学院医学系研究科修了(医学博士)
富山大学附属病院第2外科 診療講師

資格: 富山大学医学部医学科診療教授
日本外科学会 外科専門医、指導医
日本消化器外科学会 専門医、指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本乳癌学会 専門医、指導医
日本消化器病学会 専門医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医療機構 がん治療認定医
日本外科感染症学会 外科周術期感染管理認定医、教育医
日本腹部救急医学会 腹部救急認定医、暫定指導医
インフェクションコントロールドクター
日本外科代謝栄養学会 NST
日本静脈経腸栄養学会 TNT
一言:

地域に根ざした医療をこころがけています。

河合俊輔 河合俊輔(かわいしゅんすけ)
職名: 外科医長
略歴:

 

資格:  
一言:

 

明石尭久 明石尭久(あかしたかひさ)
職名: 外科医長
略歴:

 

資格:  
一言:

 

澤田成朗(さわだしげあき)
職名: 外科部長
略歴:

富山医科薬科大学医学部医学科卒業
富山医科薬科大学大学院医学系研究科修了(医学博士)
バーミンガム大学 がん研究所 リサーチフェロー
千葉大学医学部附属病院 肝胆膵外科 助教
富山大学附属病院第2外科 診療講師、外来医長

資格: 富山大学医学部医学科診療教授
日本外科学会 外科専門医、指導医
日本消化器外科学会 専門医、指導医
日本肝臓学会 専門医
日本胆道学会 認定指導医
消化器がん外科治療認定医  
日本がん治療認定医療機構 がん治療認定医
日本外科感染症学会 外科周術期感染管理認定医、暫定教育医
インフェクションコントロールドクター
日本静脈経腸栄養学会 TNT
一言:

患者さん目線で粘りつよく診療にあたることが目標です。

手術件数

 糸魚川総合病院の外科手術は市内の人口減少にも関わらず増加しています。その要因としては[1] 胃、大腸がんに対する腹腔鏡下手術の増加、[2] 肝臓切除、胆管がん・膵がんの手術が地方の病院としては多い、[3] 鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下手術の普及、[4] 病院に勤務する各診療科の医師指数が10年間で25名から41名まで増え心筋梗塞などの合併症の多い高齢者にも対応できる環境、などが考えられます。手術手技の安定化もあって2017年度の手術関連死亡率(術後90日以内の在院死亡率)は0.3%と低い数字にとどまっています。

 

直近の主な疾患の手術件数の推移

  2014 2015 2016 2017 2018
全手術症例 249 261 262 318 327
全身麻酔症例 184 207 213 264 277
腰椎麻酔症例 10 8 1 5 8
局所麻酔症例 55 46 48 49 42
食道がん(鏡視下) 1(1) 1 1(1) 1 3(3)
胃がん(鏡視下) 11(2) 10 12 16(3) 17(6)
結腸がん(鏡視下) 21(10) 16 (6) 23(6) 29(14) 32(10)
直腸がん(鏡視下) 8(5) 6 (6) 6(6) 14(9) 9 (7)
虫垂炎(鏡視下) 16 17 18 21(14) 30(19)
肛門疾患 2 4 7 21 11
肝がん 8 7 7 13 9 (2)
胆膵がん 4 0 4 4 6
脾腫瘍 0 2 0 1 0
胆嚢結石症(鏡視下) 13(10) 13(11) 21(8) 26(19) 34(27)
総胆管結石症 0 0 0 1 2
鼠径ヘルニア(鏡視下) 60(37) 57(32) 54(35) 54(39) 64(53)
腹部ヘルニア 3(1) 8 10 9 6
乳がん 15 22 12 18 17
甲状腺がん 1 1 3 2 1

 

診療内容

 消化器がんの治療に際しては、各がん毎にガイドラインが公表されています。我々はそのガイドラインに記載されている治療アルゴリズムを基本に、週一回内科外科合同で開催しているキャンサーボードにて検討した上で、個々の患者さんに応じた治療方針を選択し皆さんに提示しています。
 またがん以外の良性疾患においても、外科術前検討会で十分検討した上で、治療方針を決定しています。患者さんの病態に応じて治療方針を決定することで、安全かつ有効な治療を行うことができると考えています。
 手術手技に関しては、腹腔鏡下手術が、術後回復が早いこと(創部が小さいため痛みが少ない、体の負担が少ない)、拡大映像効果で微細な手術が可能、などから導入が進んでおり、当院でも積極的に取り入れています。大腸(結腸、直腸)がんでは腹腔鏡手術を基本とし、また胃がんも適応患者さんを検討し導入を進めています。良性疾患では年間50例を越える鼠径ヘルニア根治術をはじめ、胆嚢摘出術、虫垂切除術も腹腔鏡下手術を標準術式としています。

医療情報

当科における乳癌診療について 外科部長 田澤 賢一

担当医紹介

山岸 文範 (ヤマギシ フミノリ) 副院長 外科
田澤 賢一 (タザワ ケンイチ) 部長 外科
河合 俊輔 (カワイ シュンスケ) 医長 外科
明石 尭久 (アカシ タカヒサ) 医長 外科
澤田 成朗 (サワダ シゲアキ) 部長 外科