患者様向け情報

臨床工学技士

いのちのエンジニア

臨床工学技士を知っていますか?
“学士”や“技師”ではなく『臨床工学技士』です。

臨床工学技士について

 医師の指示の下で、生命維持管理装置(人の呼吸、循環、代謝の機能の一部を代替し、又は補助する事を目的とする装置)の操作・設定及びに保守・管理等を行う国家資格です。
 当院は4人で下記の業務を日々行っています。

循環器系

 心臓血管撮影室の様々な機器や生命維持管理装置の操作、恒久式ペ―スメ―カの定期チェックや設定変更を行います。

血液浄化

 病態や除去すべき物質に対応した様々な血液浄化療法の準備、操作、設定。経皮的血管修復術で医師の助手をします。

手術室業務

 全身麻酔器、生体監視モニター、腹腔鏡下内視鏡システム等、手術室内の様々なME機器の保守管理・操作を行っています。

ME室

 院内の各種人工呼吸器、各種輸液ポンプ、保育器、除細動機(AEDを含む)等を一括管理し直ちに使用できる様に保守整備しており、必要時には操作もします。更に機器の不具合時の対応もしています。

その他

 各種機器の取り扱いの研修会。メ―カ―による定期点検の策定と確実な実施。

 医工学の知識で患者さんと医療機器の間を取り持つ事、これが臨床工学技士の役割です。

心カテ中(右で記録)

人工呼吸器の点検中

ME室内

手術室業務(麻酔器点検など)