糸魚川総合病院の特徴

総合診療教育横断ベルトとは、東京城東病院か獨協大学総合診療科、さらには糸魚川総合病院を結ぶ日本列島を横断する地域で、総合診療教育を充実させる構想です。カンファレンス、ワークショップ、実際の外来診療などをとおして多くのすぐれた人材を共有し、総合診療の確立、高度化を進めます。

獨協大学の志水太郎医師がベルト構想の中心となり、平島 修医師(東京城東病院)、徳田安春医師(JCHC)が参加します。この中で糸魚川総合病院の医師、研修医は日本海側の教育拠点をつくるため活躍していきます。