研修指導医より

院長/樋口清博(消化器内科)

院長

 新専門医制度に総合診療が新たに加わるのみならず、高齢化、地方の脆弱化、さらには医療の細分化に対応するために、全国的に総合診療医の育成が急務となっています。

 糸魚川総合病院総合診療医育成プログラムは、活発になりつつある首都圏での総合診療育成と連携しながら日本海側でも最先端の教育を行おうとするものです。

 しかし、一つの病院単独で育成するにはおのずと限界があること、プログラムが楽しくのびやかで、つらくなく且つ活発であるためには同じ志を持つ他のプログラムとの連携が欠かせません。

 われわれは初期研修医教育で培ってきた人脈を生かし、水戸協同病院、東京城東病院、離島を含む沖縄の諸病院と交流をしながら、全日本レベルの総合診療医育成を果たすシステムを作っています。

院長

定期指導医/松本謙太郎先生より

講師

 糸魚川総合病院の初診外来で初期・後期研修医の指導を開始しました。
 日本海側の臨床教育を盛り上げるためにひと肌脱ぎます!
病院常勤医と共に君を徹底的に鍛え上げます。
一緒に最強の総合診療の砦をつくろう!

講師

糸魚川総合病院の強みは

◎日本全国に総合診療系の優れた協力者がいて、定期的に外来で研修医教育をしている。
◎院内の指導医が充実している。
◎広範囲な地域に単独で立地する病院であることから、
 急性期患者の再診率が高いため臨床診断が明らかになること。
◎後期研修医の手足となる初期研修医や医学生が潤沢であること。

 糸魚川総合病院の特徴を生かした、総合診療教育は最高の場となります。外来・入院の柱となる総合診療医集団を形作り、専門医たちを巻き込む、あらたな地域医療モデルを一緒に作り上げましょう。

 研修終了後は専門医を取得していただいた上で、糸魚川・上越地域で引き続き総合診療医として研修医への指導と医療を続けるもよし、大学院にて博士号取得に邁進するもよしです。また東京・大阪などで仕事をしたい場合であれば、糸魚川総合病院の名で協力な推薦をすることもできます。期待を持って本プログラムに参加してください。