リクルート情報

Welcomeメッセージ

求む、総合診療医 (総合内科医)

病院長:樋口 清博

樋口 清博  私は2003年にこの厚生連糸魚川総合病院に病院長として赴任してきました。折しも吹き荒れた医師不足の嵐の中で2007年に姫川病院が破綻・閉院したため、当院が糸魚川市唯一の総合病院として活動しています。現状では、急性期・回復期・慢性期全ての医療を当院が行なうことが期待されています。
 急性期医療に関しては、大学の医局から派遣された先生方がそれぞれの専門をベースに協力しあって行っておりますが、糸魚川の救急患者の9割・約1,600人が当院に搬送され、walk in と合わせて年間6,500人も来院する状況のため、何らかの打開策を見出さない限り救急体制の継続、更には急性期医療を確保していくことが困難になることは目に見えています。
 この打開策として、総合診療医(総合内科医)の養成が急務であると考え、本年度からこれをスタートしたところです。しかしながら、現在の教育・指導は総合内科専門医・内科認定医・他科の専門医等が協力して行う体制であり、総合診療を固有に行う医師がいないのが現状です。
 「糸魚川で総合診療体制を創造し、総合診療医教育に携わる意欲のある総合診療医」を是非当院に迎えたいと切望しています。私たち病院スタッフと一緒に新しい形を作っていきましょう。是非ご連絡ください。