New Face 平成24年度研修医

<<New Faceのもくじへ>>

糸魚川総合病院で研修しようと思った私の理由

松尾 光浩 (平成24年度基幹型研修医1年目)

 平成24年度基幹型研修医1年目の松尾光浩です。
 糸魚川での研修を考えた一番初めのきっかけは、同市で行っている医師養成資金制度の利用を考えたためです。
 なんだお金か、と思われるかもしれません。
 たしかにきっかけはそうですが、当病院を選んだのは何度か見学しているうちにいろいろと学べることがみえてきたからです。(1)各科の垣根が低く、自分の専門分野に限らず幅広く学べること、(2)糸魚川地域は海と山に囲まれており(いわゆる陸の孤島)、この地域でおこるほとんどすべての疾患を診ることができる(軽症~重症問わず)、(3)血縁関係も濃いため(いわばクローズドコロニー)にまれな遺伝病もおこるという点です。私は薬学部卒の薬学博士であり、研究者という視点でみてもこの病院なら興味深い臨床ができるのではないかと考えました。
 卒後すぐから地域病院で研修することに不安のある方もいるかもしれませんが、学部時代にしっかりとした基礎をつくっておけば、大学病院や有名病院よりもよい研修ができるものと確信しております。

糸魚川総合病院での研修に向けて

三村 優仁 (平成24年度協力型研修医2年目)

 研修医2年目の三村優仁と申します。
 私は富山大学の卒業生で、1年目の研修は富山大学で行いました。
糸魚川総合病院では今年度から研修しています。当院を研修先に希望した理由は、元々大学病院と市中病院の両方で研修したいと考えていたことに加え、ER研修に興味を持ったからです。
ER研修では、いつどんな患者が来るかわからない不安はありますが、不安が勉強の動機にもつながっています。また、指導医の先生と共に診療をこなしていくうちに、対応の流れが徐々に身につき、自分の出来ることが増えていくのを実感できます。
 毎週金曜日にはER研修で経験した症例の検討会があり、それぞれの症例に意見や質問を交えながら、指導医の先生方と気軽な雰囲気の中で行っています。珍しい症例や、他の研修医の対応がわかり、とても勉強になっています。
 今後、当院での研修を通して1つずつ出来ることを増やし、地域の皆様に貢献できるようになりたいです。

 

このページのTOPへ
新潟県厚生連 糸魚川総合病院
〒941-8502 新潟県糸魚川市大字竹ケ花457番地1 TEL:025-552-0280/FAX:025-552-3819
臨床研修担当事務 石坂: somu4@itoigawa-hp.jp