患者様向け情報

腎・透析内科

診療科紹介

 当科では、糸球体腎炎(無症候性血尿・蛋白尿、ネフローゼ症候群)、糖尿病性腎症、慢性腎臓病(CKD)など、腎疾患の診断と治療を行っています。必要に応じて経皮的腎生検を行い、適切な診断と治療を行います。また、進行性の腎障害に対しては、腎機能低下を予防し血液透析への導入を遅らせるべく適切な管理と治療を行います。
 当院では末期腎不全に対する腎代替療法として血液透析を行っています。内シャント作成術を行い、緊急時には透析用カテーテルを留置して、血液透析導入を行います。内シャントの狭窄や閉塞が疑われた場合には、造影検査を行いカテーテル治療や再建術を行います。
 血液透析患者さんは様々な合併症を起こしやすいことが知られています。総合病院内の透析施設である利点を生かし、必要に応じて他の診療科と連携を取りながら、患者さんの全身管理を行っています。人工透析室では血液透析だけでなく、CHDFなどの血液浄化療法にも対応しています。専門知識を持った看護師、臨床工学技士とともに治療に当たっています。

 

透析準備中 透析室のようす